本サイトはプロモーションが含まれています

クレンジング・メイク落としのおすすめ!オイル・ジェル・バーム・ミルクなど種類の選び方も徹底解説

クレンジング・メイク落としのおすすめ!オイル・ジェル・ミルク・バーム 種類の選び方も徹底解説 スキンケア
Photo by freepik.com

メイクを落とすのに欠かせないクレンジング料。
今使っているアイテムに満足できてますか?

人気ランキングや口コミの高評価で、なんとなく良さそうな物を選んだけど、
使ってみるとメイクの落ち方がなんだかイマイチ……

オイルやミルクなど質感の違うクレンジングがいっぱいあるけど
どう選んだらいいの?

実は、メイクのやり方や濃さ、自分の肌質や使うシーンなどによって、メイク落としも使い分ける必要があるんです!

ランキングでみんなが使っている物を選んだつもりでも、世代や職業によってメイクの仕方も違うし、なにより肌質が違うので1位を選んだら完璧!というわけでもないんですよ。

この記事では、種類がたくさんあるクレンジング料をどう使い分けるのか、おすすめのアイテムと合わせてご紹介していきます。

メイクは洗顔料では落ちない!クレンジングと洗顔は何が違うの?

そもそもにクレンジングがなぜ必要なのか。
これは洗顔料とクレンジング料では、落とせる汚れの種類が違うからです。

洗顔料は肌表面についている水溶性の汚れ、ほこりなどの外部から付着したよごれや、余分な皮脂や汗などを洗い流します。

一方で、クレンジング料は油性の汚れを落とします。
お化粧は油性成分でできている物が多いのでクレンジングで落とします。
毛穴につまった汚れや黒ずみなども油分なのでクレンジングで落とします。

濃いメイクを素早く落とす クレンジングオイル

オイルタイプのクレンジング料は、他の種類に比べて洗浄力が高いのが特徴。
ポイントメイクなどの濃いメイクはクレンジングオイルで落とすのがおすすめです。

しかし洗浄力が高い分、肌への負担も大きいのが特徴。
使い方としては、肌への負担をなるべく少なく摩擦を減らすため、たっぷり多めに使うのがコツです。
コットンなどで拭き取る場合はゴシゴシと擦らず、スルンと落ちるくらいの量を使いましょう。

クレンジングオイルのおすすめ
オンライン限定販売。4種のクレンジングオイルをじっくり試せるスターターキット。まずは試してみたい、初めての方に。

肌コンディション、お好きな香りやテクスチャーで選べるシュウ ウエムラのクレンジングオイル4種類が全て試せるセット。
シュウのクレンジングオイルは評価が高いけど、どれを選んだらいいかわからない、いろんな種類を試してみたいと思っているかたにおすすめのセットです。

ウォータープルーフマスカラもこすらずするん!たっぷり1ヵ月試せる無添加クレンジング

オイルなのにトロっとした少し重めのタイプなので、摩擦が少ないのによく落ちると高評価のクレンジングオイル。
まつ毛エクステOK、ウォータープルーフマスカラもOK、なんと濡れた手でも使えるので、普段からメイクをしっかりされている方のデイリー使いにおすすめです。

毛穴ケアには粘度の高い クレンジングジェル・バーム

毛穴汚れが気になる方は、ジェルタイプやバームタイプの粘度が高いクレンジング料がおすすめ。
洗浄力も高く、オイルクレンジングよりも厚みがあるので手と肌の摩擦を軽減します。
肌の上でオイル状になってメイクをオフするものも多くありますが、商品の特性はそれぞれ違うので必ず使い方を確認してください。

また、ダブル洗顔不要なのもこのタイプに多いのが特徴
特にバームタイプは洗浄力が高いため、ダブル洗顔すると返って乾燥を招く事も。

バームやジェルは使い方を間違うと、逆に肌への負担になる事もあります。
特にマスカラやアイメイクなど、目元のポイントメイクを落とす際には、落ちにくいとゴシゴシ擦ってしまい返って負担になる事も。

ポイントメイクはクレンジングオイルでオフ、ファンデーションなどの広い面はジェルやバームでオフするなど、使い分けるのがおすすめです。

クレンジングジェルのおすすめ
毛穴の黒ずみ、とろ~り、じんわり、するんっ!美容液成分91.3%配合の美容液クレンジングでつるつる肌に!

W洗顔不要、ノーメイクの日の夜のマッサージ洗顔にも使えるマナラのホットクレンジングゲル。
肌を温めながらゆっくりとマッサージすることで、ゲルの中の美容成分がはじけるオイルクラッシュ処方。
はじけた美容成分はメイクや黒ずみ汚れを絡めとるものと、肌に潤いとして残るものとに分かれ、洗い流してもつっぱらないのが特徴です。

クレンジングバームのおすすめ
黒ずみ毛穴(皮脂・角栓)をしっかり落とし、優しく潤いを与え、スキンケア成分を受け入れやすい肌へ導きます。

フェイスマスクで有名なLuLuLunから登場したクレンジングバーム。
特に炭パウダーや天然泥を主要成分にしたブラックは、毛穴ケアに敏感な方からの口コミや高評価レビューの多いクレンジングバームです。

乾燥が気になる方はクレンジングクリーム・ミルク

クレンジング後の肌のつっぱり感や乾燥が気になる方には、クリームタイプやミルクタイプのクレンジング料がおすすめ。

テクスチャーとしてはクリームはやや重め、ミルクはやや軽めの使い心地。
乾燥が気になる方はクリームタイプがおすすめですし、ミルクタイプはメイクとなじんで洗い流しやすいのが特徴です。

洗浄力はオイルやジェルに比べると劣りますが、薄づきのファンデーションや日焼け止めなどは落とせます。
ポイントメイクと使い分けて、毎日のベースメイクはクリームやミルクでクレンジングするのがおすすめです。

クレンジングクリームのおすすめ
うるおいほぐす、極上クレンジングクリーム。日中ダメージを引きずらない!うるおいに満ちた「やわ肌」へ。オフクリーム本品+オルビスユートライアルセット。

しっとりとした洗い上がりが人気のオルビス オフクリーム。
クリームがオイル状になったらメイク落ちの合図なので、肌を無駄に擦らず、肌のうるおいを保ちながらメイクオフします。

クレンジングミルクのおすすめ
ファンデーションがすっきり落ちて、化粧水を忘れるほどの潤い感。「クレンジング力」と「保湿力」を両立したミルクタイプのクレンジング。

ミルククレンジングと言えば「カバーマーク」といわれるほど、ロングセラーの人気製品。
ファンデーションに力を入れているカバーマークならではのクレンジング力と保湿力。
濡れた手でも使用できて、水やぬるま湯で洗い流しやすく、しっとりとした洗い心地が人気です。

COVERMARK公式サイト限定価格をチェック!
COVERMARK カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

急なメイク落としにはクレンジングシート

拭き取るだけで手軽にメイクが落とせるクレンジングシートは、他のクレンジング料と違って洗い流さずメイクが落とせるのが特徴です。

外出先や旅行でのメイクオフや、メイクに失敗した時のポイントメイクオフ、時間がない時のメイク落としには便利ですが、洗浄力が強いわりに毛穴詰まりなどは落ちにくいデメリットもあるので、毎日のクレンジングにはおすすめできません。

一時的な便利アイテムとして使うのがおすすめです。

クレンジングシートのおすすめ
しっとり保湿して、うるおう大判クレンジングシート。吸着性アミノ酸配合で、みずみずしくうるおいのある肌へ導きます。化粧水由来のWのうる落ち洗浄成分を配合しました。摩擦低減処方でさらに肌にやさしい使用感です。オイルフリー・無香料・無着色

大判のしっかりしたシートが使いやすく、オイルフリーで優しくメイクオフするタイプ。
使い心地もおすすめですが、フタ部分がしっかり密閉するプラスチックキャップなので、最後まで乾きにくく、時々使うクレンジングシートとしてはとても優秀です。

ランキングよりも自分の肌質とメイクに合わせて選ぶのがコツ

クレンジングのタイプ別におすすめの使い方をご紹介しました。

人気のアイテムを選ぶというよりも、自分の肌の調子やメイクによってクレンジングアイテムを選ぶのがコツです。
メイクによっては1つのアイテムに頼らず、いくつかを使い分けるのもポイントです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

PR

クレンジングに関するアンケート」に答えていただいた方に、ダブル洗顔不要のクレンジングジェル「マナラ ホットクレンジングゲル」モニターセットを無料プレゼント
Cosme.PEPIES担当者が10年以上愛用しているおすすめのクレンジングです。

クレンジングに関するアンケート
スキンケア
PR
PEPIES
この記事を書いた人

広島県北部の庄原市にある雑貨屋ペピーズです。
コスメや美容グッズを、楽天市場などのECサイトで長年販売してきた担当者が記事を書いています。

PEPIES実店舗では、美容雑貨、アロマグッズ、ギフトにピッタリなハンドソープや入浴剤などもを販売しています。

PEPIESをフォローする
PEPIESをフォローする
PR
タイトルとURLをコピーしました